フランチャイズのコーヒー店



フランチャイズのコーヒー店で最も有名なのは、誰でも知っている『スターバックス』です。

「スタバ」の愛称で親しまれていますね。

日本のコーヒー店で最高のシェアを誇るこの店も、フランチャイズによるチェーン展開を積極的に行なっています。



スターバックスは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店です。

現在世界30ヶ国に展開する巨大企業で、日本には1996年に第一号店を出店しました。

その後、次々にフランチャイズ展開を続け、国内のチェーン店数は600を優に超えるまでになっています。

各県に平均10を超えるスターバックスのフランチャイズチェーン店があるという計算ですね。



これだけ多くのチェーン店を出せるのは、それだけ成功している事の証です。

独立起業を目指す人にとって、スターバックスのフランチャイズは、かなり魅力的でしょう。



アメリカ発のサービス業という事もあり、あらゆる項目がマニュアル化されています。
 ・経営方針
 ・接客スタイル
 ・店舗の衛生状態
 ・商品管理



コーヒーと接客業に関して無知な初心者でも、問題なく運営可能です。



コーヒー店のフランチャイズは、スターバックス以外にもたくさんあります。
 ・ドトールコーヒー
 ・プロントコーポレーション
 ・珈琲館
 ・タリーズコーヒージャパン
 ・EATTLE'S BEST COFFEE
 ・カフェ・ド・クリエ
 ・ブレンズコーヒー
 ・カフェデュモンド
 ・マックカフェ

もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズのシステムとは



フランチャイズには、公に定められたシステムが存在しています。

そのシステムを定義しているのは「日本フランチャイズチェーン協会」です。



日本フランチャイズチェーン協会では、次のように規定されています。

フランチャイズとは、事業者が他の事業者との間に契約を結び、自己の商標の標識および経営ノウハウを用いて、同一イメージを持った事業を行なう権利を与え、その見返りに一定の対価を受け取るという関係である』



つまり、「我社と全く同じ店を出しても良いし、援助もしよう。その代わり売り上げの一部を払ってください」というシステムなのです。



これは本部と支部の上下関係とは違います。

共同事業なので、公的な上下関係はありません。

共同経営でもないので、フランチャイズの契約を交わした事業者同士はそれぞれ独立した店です。

ここが大きなポイントになります。



フランチャイズは、開店に必要な資金を自分で投下しなければならないのです。

開店費用は、職種、規模によって差はありますが、莫大な費用が必要なケースは殆どありません。

例えば、最もフランチャイズが盛んなコンビニエンスストアは、200〜300万円あれば開店できます。

この額で一つのお店のオーナーになれるというのが、フランチャイズの最大の魅力でしょう。



ブランドイメージが確立されているので、立地条件によほどおかしなところがない限り、一定以上の集客も見込めます。

フランチャイズは、比較的楽に経営できるビジネスでしょう。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズビジネスの資料入手方法



独立起業を目指す人にとって、『フランチャイズ』はまさに理想の経営形態でしょう。

フランチャイズで一旗上げたい」という方は、かなり大勢いるようです。

そういう方たちにとって、次のような疑問はつきものです。
 ・フランチャイズはどんなものなのか
 ・どのようなフランチャイズがあるのか
 ・どうすれば申し込めるのか



フランチャイズビジネスの資料入手方法をご紹介します。

別段難しいことは何もありません。

インターネットを利用すれば、実に簡単にフランチャイズの資料請求ができます。



検索エンジンに「フランチャイズ 資料」と入力して、検索ボタンを押すだけです。

フランチャイズの資料請求できるサイトが、たくさん見つかりますよ。



自分が運営したい業種や会社があれば、そこに絞り込んで検索してください。

さらに見つけやすくなります。

例えば「フランチャイズ 資料 カフェ」と入力して検索すれば、フランチャイズ加盟店を募集しているカフェの資料請求ページが羅列されます。

あとは、サイトを覗いてみて、自分が希望しているような店かどうかを確認します。



具体的な資料請求方法も、フォームに要求された自分の情報を入力するだけです。



うさん臭いサイトに個人情報を記載して送信するのは、抵抗あるでしょう。

企業のホームページであることを確認してから情報入力してください。

情報入力も、ものの数分で終わるような簡単なものです。



とてもスムーズにフランチャイズの資料請求ができますから、インターネットを利用した資料請求はおススメです。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。