フランチャイズ加盟金



フランチャイズチェーンに加盟するときには、加盟金を支払います。


この加盟金の定義は、以下の通りです。

「加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払う金銭の総称」

 ・加盟店  (フランチャイジー)
 ・事業本部 (フランチャイザー)


フランチャイズ加盟金は、支払う時期によって、大きく二つに分けられます。

 ・契約締結時に支払う「契約金」、もしくは「加盟金」、もしくは「加盟料」
 ・契約期間中に継続的に支払う「ロイヤルティ」


フランチャイズ料は、性質で次のように分けられます。

 ・商標などの使用料金
 ・ノウハウを与えることへの見返りの料金


一部では、更に色々な名目で別個の金銭徴収を行なう事業本部もあります。

 ・立地選定料
 ・開店準備金
 ・開店指導料


フランチャイズ加盟金は、事業本部によって、かなりばらつきがあります。

その決定方法は一定ではありません。


1970年以前に成立した「日本式フランチャイズの加盟金」は、極めて低い傾向にあります。

2000年前後に加盟を開始した「フランチャイズの加盟金」は、高い傾向にあります。

加盟金は、いずれのフランチャイズチェーンも返還しないことで一致しています。

しかし、フランチャイズ加盟金の返還を巡る争いは少なくはなく、裁判になっているケースもあります。


フランチャイズ加盟金の金額が妥当かどうかは、正直、判断に難しいところがあります。

加盟店になる側が「どのような価値観で本部を選ぶか」ということに委ねられるでしょう。


高いフランチャイズ加盟金を支払ったとしても、加盟店側が本部からの恩恵を十分に受けて、それで納得しているのであれば、妥当な金額と言えるでしょう。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。