フランチャイズ加盟のメリットとデメリット



フランチャイズ加盟には、メリットとデメリットがあります。

まず、フランチャイズ加盟のメリットをご紹介します。


@ 未知の分野での開業が可能

事業経験者でなくても、フランチャイズ本部から経営ノウハウの指導が受けられるので、未知の分野でも開業が可能だということです。


A 事業を興しやすい

個人開業に比べて、「資金」や「経験」が少なくても事業を興しやすいといえます。


B 金融機関から信用される

金融機関から融資を受ける場合にも、フランチャイズ本部のブランド力は強力ですから、信用が高まります。


C 経営に専念できる

事務処理をフランチャイズ本部に任せることができる場合には、経営に専念することができます。


D 仕入れに関する心配がない

フランチャイズ本部のフォローがあるので、良質な商品や材料を安定して仕入れられる。



次に、フランチャイズ加盟のデメリットをご紹介します。


@ 売り上げすべてが収入にはならない

ロイヤルティの支払い義務が常にあるので、売り上げがすべて自分のものにはなりません。


A 独自の工夫がしにくい

フランチャイズ本部と同一のイメージで事業をするので、独自の工夫はしにくく、世間での本部のイメージが店の売り上げにかかわってきます。


B 本部とのトラブル

本部の質が良くないと、フランチャイズ加盟店とのトラブルが起こる可能性が高くなります。

また、フランチャイズ加盟店が本部へ依存しすぎても、トラブルの原因になってしまいます。



フランチャイズ加盟店は、直営店とは違います。

本部とは別の事業者であり、独立した経営体です。

フランチャイズ加盟店とはなっても、自営業者ですから、「経営能力」と「主体性」が必要です。


また、フランチャイズに加盟することは、事業の成功を保障するものではありません。

事業者本部も、十分な審査を行なって、経営に適した人をフランチャイズ加盟させる責任があります。



フランチャイズ加盟の成功の第一条件は、「本部がしっかりした経営体制である」ということです。

経営体制が未熟なフランチャイズチェーンに加盟しても、十分な指導が受けられません。

その結果、経営は破綻しかねません。


また、過剰出店しているフランチャイズチェーンに加盟するのも危険です。

同一チェーンで共食いを招くケースもあるからです。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。