フランチャイズビジネスの拡大



フランチャイズビジネスは、チェーン数も、売上高も、右肩上がりです。


小売業、外食産業、サービス業など、街ではさまざまなチェーン店を目にします。

フランチャイズビジネスが社会で果たす意義は、年々大きくなっています。

フランチャイズに加盟することで、個人の事業参入が容易になりました。

また、雇用の拡大にもつながりました。



個人事業では、短期間で客から信用を得ることは難しいものです。

しかし、フランチャイズ本部のブランド力や経営ノウハウを利用して、信頼を短期間で得ることが容易です。

本部の持っているオンラインの近代的システムを利用したり、効率的手法を用いて、小資金でスマートなビジネスを行なうことが可能になります。


フランチャイズビジネスが拡大することは、日本経済の活性化にもつながります。

消費者側は、フランチャイズチェーン店の「ブランド力」「話題性」「ブランドの信頼性」によって、購買欲が拡大します。

そして景気の上昇につながります。



フランチャイズビジネスの課題は、「フランチャイザーからフランチャイジーへの情報開示」です。

フランチャイザーの「経営状況」と「契約条件」をフランチャイジーに情報開示することが法律で義務づけられています。


しかし、実際には、説明責任を果たさないフランチャイザーも存在します。

経営指導を十分に行なわないフランチャイザーも、残念ながら存在します。



フランチャイザーを選択するときには、フランチャイズ契約の説明を十分に受けてください。

そして、十分に理解した上で、フランチャイザーを選択しましょう。



フランチャイズチェーンの加盟店になるには、フランチャイズシステムへの理解と同時に、経営知識も絶対に必要です。

フランチャイザーからのサポートを受けられますし、経営の経験がない方でも事業を始めることはできます。

しかし、『独立した事業者である』という認識が必要です。


フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者です。

経営の自己責任があります。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。