フランチャイズ・ロイヤルティの相場と方式



フランチャイズ契約を結んだ場合、業績の一部をロイヤルティとしてフランチャイズ本部に支払います。

この額によっては、「フランチャイズビジネスは本当に儲かるのか?」という疑問が湧きますよね。



実際のフランチャイズのロイヤルティはどの程度なのかを、ご説明します。



フランチャイズ・ロイヤルティは、もちろん均一ではありません。

業界、会社、契約内容、プランによって、実に様々です。

ですから、確実に何%と言う明確なことは誰にも言えません。

しかし、相場は存在します。

その相場よりも大きく上回っている場合は、フランチャイズ契約を考え直したほうがいいかもしれません。



フランチャイズ・ロイヤルティには、次の3通りの決定方法があります。

 @ 『儲け』に対して割合を設定する方法
 A 『売上』に対して割合を設定する方法
 B 割合を設けず一定の金額を支払う方法

これらも契約によって変わるので、どの方法が良いかという判断は、自分でするしかありません。



@の、『儲け』に対して割合を設定する方法は、コンビニエンスストアのフランチャイズに多く見られます。

その割合は40〜70%と、幅が広いです。
50%前後であれば、相場から見てまずまずと考えて良いでしょう。



Aの、『売上』に対して割合を設定する方法は、最も多くの業種で見られます。

 ・飲食店は5%前後
 ・塾は10〜20%
 ・パソコンスクールは10〜30%前後



Bの、定額方式の場合は、売上に関係なく同じ金額です。

大きく儲けたときには、手元に残るお金はかなり大きな額になります。

その反面、売上が少ないときには、その殆どがフランチャイズ本部に持っていかれてしまい、手元にはいくらも残らなくなります。



それぞれの方法に一長一短がある、ということです。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。