フランチャイズのコーヒー店



フランチャイズのコーヒー店で最も有名なのは、誰でも知っている『スターバックス』です。

「スタバ」の愛称で親しまれていますね。

日本のコーヒー店で最高のシェアを誇るこの店も、フランチャイズによるチェーン展開を積極的に行なっています。



スターバックスは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店です。

現在世界30ヶ国に展開する巨大企業で、日本には1996年に第一号店を出店しました。

その後、次々にフランチャイズ展開を続け、国内のチェーン店数は600を優に超えるまでになっています。

各県に平均10を超えるスターバックスのフランチャイズチェーン店があるという計算ですね。



これだけ多くのチェーン店を出せるのは、それだけ成功している事の証です。

独立起業を目指す人にとって、スターバックスのフランチャイズは、かなり魅力的でしょう。



アメリカ発のサービス業という事もあり、あらゆる項目がマニュアル化されています。
 ・経営方針
 ・接客スタイル
 ・店舗の衛生状態
 ・商品管理



コーヒーと接客業に関して無知な初心者でも、問題なく運営可能です。



コーヒー店のフランチャイズは、スターバックス以外にもたくさんあります。
 ・ドトールコーヒー
 ・プロントコーポレーション
 ・珈琲館
 ・タリーズコーヒージャパン
 ・EATTLE'S BEST COFFEE
 ・カフェ・ド・クリエ
 ・ブレンズコーヒー
 ・カフェデュモンド
 ・マックカフェ

もっと知りたいなら→起業ブログランキング



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。