フランチャイズとは?



フランチャイズという言葉は、最近よく耳にする言葉ですね。

ところで、フランチャイズとは一体どういうものなのでしょうか。



フランチャイズとは、事業展開の一つの方式のことです。

フランチャイズ事業者本部が、事業展開のために加盟店と契約をします。

そして、一定の地域での独占販売権を与え、事業を拡大していきます。



また、フランチャイズ事業者本部 と フランチャイズ加盟店 とで契約を取り交わし、共同で事業を行なう関係のことも フランチャイズ といいます。

フランチャイズ事業者本部を「フランチャイザー」といい、フランチャイズ加盟店を「フランチャイジー」ともいいます。



フランチャイズ契約を交わした事業者本部と加盟店には、互いに「権利」と「義務」が生じます。

事業者の義務は、加盟店にサポートをすること。

加盟店の義務は、事業者から受けるサポートの見返りとして、加盟金やロイヤルティを支払うことです。



フランチャイズビジネスの業種は多岐にわたります。

代表的なところでは、次のような業種があります。

 ・コンビニエンスストア (小売業)
 ・ラーメン店 (外食産業)
 ・ファーストフード店 (外食産業)
 ・不動産業



社団法人日本フランチャイズチェーン協会という組織は、フランチャイズビジネスの健全な発展を目的とした存在です。

フランチャイズ加盟店は、フランチャイズ本部の直営店ではありません。

事業者本部と加盟店は、同一のイメージのもとに事業を展開します。

しかし、互いに別の事業者であり、共同経営という関係になります。

加盟店は直営店とは違って、トップダウンはありません。



事業者側のメリットは、少ない資金と労力で事業拡大ができることです。

顕著な例は、日本全国にあるコンビニエンスストアです。

コンビニエンスストアは、フランチャイズ方式で全国に店舗を増やしています。



加盟店になろうとする側のメリットは、自力での開業よりも効率的なことです。

未知の分野でも、フランチャイズ事業者本部からのノウハウの指導があるので、経営を簡単にマスターできます。

事業経験のない方にとっては、事業リスクが低くなることも嬉しいですね。

開業までのプロセスとその後の経営も指導してもらえるからです。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。