フランチャイズのシステムとは



フランチャイズには、公に定められたシステムが存在しています。

そのシステムを定義しているのは「日本フランチャイズチェーン協会」です。



日本フランチャイズチェーン協会では、次のように規定されています。

フランチャイズとは、事業者が他の事業者との間に契約を結び、自己の商標の標識および経営ノウハウを用いて、同一イメージを持った事業を行なう権利を与え、その見返りに一定の対価を受け取るという関係である』



つまり、「我社と全く同じ店を出しても良いし、援助もしよう。その代わり売り上げの一部を払ってください」というシステムなのです。



これは本部と支部の上下関係とは違います。

共同事業なので、公的な上下関係はありません。

共同経営でもないので、フランチャイズの契約を交わした事業者同士はそれぞれ独立した店です。

ここが大きなポイントになります。



フランチャイズは、開店に必要な資金を自分で投下しなければならないのです。

開店費用は、職種、規模によって差はありますが、莫大な費用が必要なケースは殆どありません。

例えば、最もフランチャイズが盛んなコンビニエンスストアは、200〜300万円あれば開店できます。

この額で一つのお店のオーナーになれるというのが、フランチャイズの最大の魅力でしょう。



ブランドイメージが確立されているので、立地条件によほどおかしなところがない限り、一定以上の集客も見込めます。

フランチャイズは、比較的楽に経営できるビジネスでしょう。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング




フランチャイズビジネスの資料入手方法



独立起業を目指す人にとって、『フランチャイズ』はまさに理想の経営形態でしょう。

フランチャイズで一旗上げたい」という方は、かなり大勢いるようです。

そういう方たちにとって、次のような疑問はつきものです。
 ・フランチャイズはどんなものなのか
 ・どのようなフランチャイズがあるのか
 ・どうすれば申し込めるのか



フランチャイズビジネスの資料入手方法をご紹介します。

別段難しいことは何もありません。

インターネットを利用すれば、実に簡単にフランチャイズの資料請求ができます。



検索エンジンに「フランチャイズ 資料」と入力して、検索ボタンを押すだけです。

フランチャイズの資料請求できるサイトが、たくさん見つかりますよ。



自分が運営したい業種や会社があれば、そこに絞り込んで検索してください。

さらに見つけやすくなります。

例えば「フランチャイズ 資料 カフェ」と入力して検索すれば、フランチャイズ加盟店を募集しているカフェの資料請求ページが羅列されます。

あとは、サイトを覗いてみて、自分が希望しているような店かどうかを確認します。



具体的な資料請求方法も、フォームに要求された自分の情報を入力するだけです。



うさん臭いサイトに個人情報を記載して送信するのは、抵抗あるでしょう。

企業のホームページであることを確認してから情報入力してください。

情報入力も、ものの数分で終わるような簡単なものです。



とてもスムーズにフランチャイズの資料請求ができますから、インターネットを利用した資料請求はおススメです。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズ・ロイヤルティの相場と方式



フランチャイズ契約を結んだ場合、業績の一部をロイヤルティとしてフランチャイズ本部に支払います。

この額によっては、「フランチャイズビジネスは本当に儲かるのか?」という疑問が湧きますよね。



実際のフランチャイズのロイヤルティはどの程度なのかを、ご説明します。



フランチャイズ・ロイヤルティは、もちろん均一ではありません。

業界、会社、契約内容、プランによって、実に様々です。

ですから、確実に何%と言う明確なことは誰にも言えません。

しかし、相場は存在します。

その相場よりも大きく上回っている場合は、フランチャイズ契約を考え直したほうがいいかもしれません。



フランチャイズ・ロイヤルティには、次の3通りの決定方法があります。

 @ 『儲け』に対して割合を設定する方法
 A 『売上』に対して割合を設定する方法
 B 割合を設けず一定の金額を支払う方法

これらも契約によって変わるので、どの方法が良いかという判断は、自分でするしかありません。



@の、『儲け』に対して割合を設定する方法は、コンビニエンスストアのフランチャイズに多く見られます。

その割合は40〜70%と、幅が広いです。
50%前後であれば、相場から見てまずまずと考えて良いでしょう。



Aの、『売上』に対して割合を設定する方法は、最も多くの業種で見られます。

 ・飲食店は5%前後
 ・塾は10〜20%
 ・パソコンスクールは10〜30%前後



Bの、定額方式の場合は、売上に関係なく同じ金額です。

大きく儲けたときには、手元に残るお金はかなり大きな額になります。

その反面、売上が少ないときには、その殆どがフランチャイズ本部に持っていかれてしまい、手元にはいくらも残らなくなります。



それぞれの方法に一長一短がある、ということです。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズシステムのメリット



フランチャイズシステムは、フランチャイザー と フランチャイジー が契約を交わして、同一イメージのもとに共同事業を行ないます。

フランチャイザーとは、フランチャイズチェーンを行なう事業者です。

フランチャイジーとは、フランチャイザーに加盟する加盟店です。



フランチャイザーは、フランチャイジーに、次のものの使用を認めます。

 ・商標
 ・サービスマーク
 ・トレードネーム
 ・その他の標識



フランチャイザーは、フランチャイジーに『経営ノウハウ』を指導します。

フランチャイジーは、フランチャイザーに『ロイヤルティ』や『契約金』を払います。



フランチャイズシステムのフランチャイザーにとってのメリット

 ・直営店を開設するよりも少ない資金で店舗数拡大が可能

 ・優秀な人材を短期間で集めるのが可能

 ・投下資金を短期間で回収できる

 ・従業員の雇用もオーナーに任せられるのでコスト削減になる



フランチャイズシステムのフランチャイジーにとってのメリット

 ・開業が短期間で効率的にできる

 ・フランチャイザーのブランド力や経営ノウハウを利用できる

 ・成功確率が高くなる

 ・フランチャイザーからのサポートを受けられる

 ・コストダウンと安定した仕入れが可能

 ・販売促進や商品への付加価値はフランチャイザーが行なうので経営に専念できる

 ・ブランド力のおかげで競合店と競争できる

 ・人材を集めやすい



フランチャイズシステムにはデメリットも多少ありますが、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店双方に益のある、とても合理的な事業システムと言えます。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズビジネスのトラブル



フランチャイズの加盟店になると、本部のブランド力や経営ノウハウを利用できます。

フランチャイズ事業を行なうことは、成功への近道と言えます。

しかし、それと同時に、フランチャイズ事業独特のトラブルも生じています。

よくあるのは、本部による利益予測を加盟店側がそのまま鵜呑みにしてしまうことです。

本部とのトラブルになってしまうケースですね。



フランチャイズチェーンに加盟しても、「事業の成功」と「大きな収益」を保証されたわけではありません。

本部が勧誘時に出す数字は、フランチャイズチェーン拡大のための勧誘行為のための数字ということもありえるわけです。

 ・本部側の勧誘時の説明不足
 ・加盟店側の契約観念の乏しさ

これがトラブルを引き起こす原因です。



本部側に責任があるのは、次の場合です。

 ・契約上で収益予測が本部の義務になっている場合
 ・本部が売上と収益を保証している場合



しかし、フランチャイズ加盟店は、フランチャイズ本部とは別の独立した事業者であるという認識を忘れてはいけません。

契約上で「経営指導を受ける権利」があっても、「経営の責任」は自己責任です。

契約の内容をしっかりと把握しましょう。



契約内容が、本部側に一方的に有利なものとなっている場合もあります。

あとで解約したくても、高額な解約金がかかるケースもあります。

また、フランチャイズ加盟店を使用人のように扱う事業者も、残念ですが実際に存在しています。



本部を選ぶ時には情報をできるだけたくさん集め、信頼できるところを選ぶことが大切です。

契約内容は、契約前に隅々まで理解しておかなければなりません。



フランチャイズ加盟店側、はフランチャイズ本部と連絡を密に取るようにして、互いに理解し合うことが必要です。

そして、「あくまでも別の事業者である」という認識を失わないでください。

トラブルの中には、単なる誤解や感情のもつれによるものも少なくありません。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズビジネスの拡大



フランチャイズビジネスは、チェーン数も、売上高も、右肩上がりです。


小売業、外食産業、サービス業など、街ではさまざまなチェーン店を目にします。

フランチャイズビジネスが社会で果たす意義は、年々大きくなっています。

フランチャイズに加盟することで、個人の事業参入が容易になりました。

また、雇用の拡大にもつながりました。



個人事業では、短期間で客から信用を得ることは難しいものです。

しかし、フランチャイズ本部のブランド力や経営ノウハウを利用して、信頼を短期間で得ることが容易です。

本部の持っているオンラインの近代的システムを利用したり、効率的手法を用いて、小資金でスマートなビジネスを行なうことが可能になります。


フランチャイズビジネスが拡大することは、日本経済の活性化にもつながります。

消費者側は、フランチャイズチェーン店の「ブランド力」「話題性」「ブランドの信頼性」によって、購買欲が拡大します。

そして景気の上昇につながります。



フランチャイズビジネスの課題は、「フランチャイザーからフランチャイジーへの情報開示」です。

フランチャイザーの「経営状況」と「契約条件」をフランチャイジーに情報開示することが法律で義務づけられています。


しかし、実際には、説明責任を果たさないフランチャイザーも存在します。

経営指導を十分に行なわないフランチャイザーも、残念ながら存在します。



フランチャイザーを選択するときには、フランチャイズ契約の説明を十分に受けてください。

そして、十分に理解した上で、フランチャイザーを選択しましょう。



フランチャイズチェーンの加盟店になるには、フランチャイズシステムへの理解と同時に、経営知識も絶対に必要です。

フランチャイザーからのサポートを受けられますし、経営の経験がない方でも事業を始めることはできます。

しかし、『独立した事業者である』という認識が必要です。


フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者です。

経営の自己責任があります。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズチェーン店 開業までのプロセス



フランチャイズチェーン店開業で大切なことは何でしょう?

開業までのプロセスで、一つひとつ、しっかりと時間をかけ、納得して進めていくことです。



まずは、『フランチャイズ』について学びましょう。

インターネットの検索サイトや情報サイトを上手に活用してください。

フランチャイズの展示会や、フランチャイザー主催の説明会に参加するのもおススメです。

どの業種やどの業界が今後成長して、事業として成功できそうなのか、展望を見極めましょう。



次に、フランチャイズ店を開業する『業種』を選びましょう。

自分の適正を把握しているでしょうか?

自分に合った業種を選ぶのには、自分の「性格」と「適正」を知ることが大切です。

 ・店舗を開業する場所
 ・立地条件
 ・用意できる開業資金額
 ・経営の経験と知識

優れたフランチャイズチェーンの加盟店になっても、成功は、自分の努力と力量にゆだねられています。



フランチャイズの業種を決定したら、次に、候補のフランチャイズ本部をいくつか選びましょう。

フランチャイズ本部を選ぶのには、重要なポイントがあります。

まず、フランチャイズ本部への評価は、「客観的」かつ「総合的」に判断しなければなりません。

自分の持っている「ブランドイメージ」だけで決めてはいけません。

 ・ビジネスとして魅力があるか
 ・加盟店の収益はどれくらいあるか
 ・企業として信頼性があるか

上記の項目を客観的に判断するのです。


チェック項目には、以下のものがあります。

 ・魅力を感じる会社か
 ・独自性があり、競合他社との差別化ができているか
 ・革新性があるか
 ・世の中で受け入れられている業種か
 ・今後の成長が見込めるか
 ・既存店の実際の売上が良いか
 ・フランチャイズ本部社員のマナーが良く信頼できるか


フランチャイズ本部を選んだら、本部にアプローチして、面接や審査を受けます。

その後のプロセスは、加盟店訪問 ⇒ 物件取得 ⇒ 立地調査 ⇒ 事業計画書作成⇒ 契約 ⇒ 研修 ⇒ 店舗の内装工事 ⇒ オープン準備 となります。

そして、晴れてフランチャイズチェーン店のオープンとなります。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズ加盟のメリットとデメリット



フランチャイズ加盟には、メリットとデメリットがあります。

まず、フランチャイズ加盟のメリットをご紹介します。


@ 未知の分野での開業が可能

事業経験者でなくても、フランチャイズ本部から経営ノウハウの指導が受けられるので、未知の分野でも開業が可能だということです。


A 事業を興しやすい

個人開業に比べて、「資金」や「経験」が少なくても事業を興しやすいといえます。


B 金融機関から信用される

金融機関から融資を受ける場合にも、フランチャイズ本部のブランド力は強力ですから、信用が高まります。


C 経営に専念できる

事務処理をフランチャイズ本部に任せることができる場合には、経営に専念することができます。


D 仕入れに関する心配がない

フランチャイズ本部のフォローがあるので、良質な商品や材料を安定して仕入れられる。



次に、フランチャイズ加盟のデメリットをご紹介します。


@ 売り上げすべてが収入にはならない

ロイヤルティの支払い義務が常にあるので、売り上げがすべて自分のものにはなりません。


A 独自の工夫がしにくい

フランチャイズ本部と同一のイメージで事業をするので、独自の工夫はしにくく、世間での本部のイメージが店の売り上げにかかわってきます。


B 本部とのトラブル

本部の質が良くないと、フランチャイズ加盟店とのトラブルが起こる可能性が高くなります。

また、フランチャイズ加盟店が本部へ依存しすぎても、トラブルの原因になってしまいます。



フランチャイズ加盟店は、直営店とは違います。

本部とは別の事業者であり、独立した経営体です。

フランチャイズ加盟店とはなっても、自営業者ですから、「経営能力」と「主体性」が必要です。


また、フランチャイズに加盟することは、事業の成功を保障するものではありません。

事業者本部も、十分な審査を行なって、経営に適した人をフランチャイズ加盟させる責任があります。



フランチャイズ加盟の成功の第一条件は、「本部がしっかりした経営体制である」ということです。

経営体制が未熟なフランチャイズチェーンに加盟しても、十分な指導が受けられません。

その結果、経営は破綻しかねません。


また、過剰出店しているフランチャイズチェーンに加盟するのも危険です。

同一チェーンで共食いを招くケースもあるからです。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。