フランチャイズのコーヒー店



フランチャイズのコーヒー店で最も有名なのは、誰でも知っている『スターバックス』です。

「スタバ」の愛称で親しまれていますね。

日本のコーヒー店で最高のシェアを誇るこの店も、フランチャイズによるチェーン展開を積極的に行なっています。



スターバックスは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店です。

現在世界30ヶ国に展開する巨大企業で、日本には1996年に第一号店を出店しました。

その後、次々にフランチャイズ展開を続け、国内のチェーン店数は600を優に超えるまでになっています。

各県に平均10を超えるスターバックスのフランチャイズチェーン店があるという計算ですね。



これだけ多くのチェーン店を出せるのは、それだけ成功している事の証です。

独立起業を目指す人にとって、スターバックスのフランチャイズは、かなり魅力的でしょう。



アメリカ発のサービス業という事もあり、あらゆる項目がマニュアル化されています。
 ・経営方針
 ・接客スタイル
 ・店舗の衛生状態
 ・商品管理



コーヒーと接客業に関して無知な初心者でも、問題なく運営可能です。



コーヒー店のフランチャイズは、スターバックス以外にもたくさんあります。
 ・ドトールコーヒー
 ・プロントコーポレーション
 ・珈琲館
 ・タリーズコーヒージャパン
 ・EATTLE'S BEST COFFEE
 ・カフェ・ド・クリエ
 ・ブレンズコーヒー
 ・カフェデュモンド
 ・マックカフェ

もっと知りたいなら→起業ブログランキング




フランチャイズの飲食店



フランチャイズで独立起業を目指す場合、どういうフランチャイズがあるのかを知ることが第一です。

次に、どういうフランチャイズなら自分が成功できるかを考えます。

このあたりで不安が出てくるのではないでしょうか。



自分にはこれといった「実績」も「専門知識」もないという理由で、独立したくてもできないと考える方が多いかと思います。

そういう方におススメなのが、飲食店のフランチャイズです。



飲食店がおススメなのは、わたしたちの最も身近な存在だからです。

 ・どういうふうな店か
 ・どういう挨拶をするのか
 ・どういうメニューがあるか
 ・どういう装飾か
 ・どういう雰囲気なのか
――― こんなふうに、店をイメージしやすいのが、飲食店フランチャイズです。



飲食店のフランチャイズは、かなり多く行なわれています。

例を挙げてみましょう。
 ガスト、ジョナサン、ジョイフル、デニーズ、ミルキーウェイ、
 ロイヤルホスト、びっくりドンキー、カレーハウスCoCo壱番屋、
 ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、モスバーガー、
 ほっかほっか亭、まるまつ …… キリがありませんね。

つまり、全国にチェーン展開している主要な飲食店は、ほとんどがフランチャイズチェーンなのです。



日本に住んでいる人なら、日常的に飲食店に足を運んでいるでしょう。

その選択肢の中に、フランチャイズチェーン店が入っている可能性も高いでしょう。



家族と、恋人と、友達と、あるいは一人でその店を訪れた経験が、独立起業のための大きな判断材料となります。

それが飲食店のフランチャイズです。

もっと知りたいなら→起業ブログランキング


フランチャイズのクリーニング店



フランチャイズを利用する店で特に多いのは、サービス業です。

その中でも意外と多いのが、フランチャイズのクリーニング店です。

なぜクリーニング店が多いのでしょうか?



クリーニング店のフランチャイズビジネスが多いのは、クリーニング店が消費物を扱っているのではなく、生活に密着した店だからです。

「一度買ったらそれで終わり」というものではなく、一家庭の顧客をgetした場合には、かなりの確率でリピーターになります。

そのリピーターをどんどん増やしていけば、業績が安定します。

クリーニングは生活に密着している業種なので、景気の影響が比較的少ないともいえます。



フランチャイズによるクリーニング店のメリットは、そんなリピーターの多さにあるのです。

リピーターが多いのは、近くの住人が利用するということです。

つまり、地域密着型経営が必然的に行なわれます。

地域密着型の場合、客の入りは立地条件で大きく変化します。

ここを間違わなければ、安定した業績が確保できます。



さてさて、フランチャイズの利点である『営業ノウハウの享受』が、ここで大きくものを言います。

最も重要な「立地条件」や「住人情報」は既にリサーチされていて、情報として入ってきます。

したがって、安定した収入が見込めるフランチャイズビジネスなのです。

かなり楽なビジネスではないでしょうか。



フランチャイズチェーン展開を行なっているクリーニング店は数多くあります。

そして、そのほとんどが地域密着型経営をしています。

「地元でフランチャイズをやってみたい」「愛着があるこの場所で独立起業したい」という方には、絶対おススメのフランチャイズの業種です。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング


ラーメンのフランチャイズビジネスを成功させる



フランチャイズのラーメン店について考えてみましょう。

ラーメンのフランチャイズチェーンに加盟することにより、個人開業よりも、多くのメリットを受けられます。



ラーメン業界は、競争が激しい、熱い市場です。

飲食業界では、「粉屋(麺類)は儲かる」と昔から言われています。


ラーメンは、安い原価で商売できるので、飲食店経営の中でも人気があります。

ラーメンの粗収益(売上−売上原価=利益)は高いので、ラーメン店が当たれば、かなり儲かるのです。


ラーメン店の特徴は、『客の回転が速い』ということです。

ラーメンの味が良ければ、客足は途絶えません。

数をこなすことで、ラーメン店は確実に儲けにつながります。


しかし、味だけではラーメン店は成り立ちません。

ラーメン店を経営するには、『経営ノウハウ』が絶対に必要です。


また、ラーメン店経営成功の条件は、『場所と人材の確保』にあります。

飲食店には、「売れる場所」があるのです。

「どんな場所でも味が良ければ繁盛する」ということはありません。

成功確率の高い立地を選ぶ必要があります。

地域の客層、商圏人口、周辺地域の状況などをマーケティングして「ラーメン店を出す場所」を決めるのです。


マーケティング力のあるラーメン・フランチャイズチェーンに加盟すると、この店で有利です。

 ・適切な立地での店舗確保
 ・客層に応じたメニュー決定



店の質は、従業員の質で決まると言えます。

良質の従業員を揃えることは、「売れるための条件」なのです。

「誰がやってもおいしければ繁盛する」というわけでもありません。

従業員の力量と感じの良さで、ラーメン店の回転や、お客さんの店へのイメージがガラリと違ってきます。

ラーメン・フランチャイズチェーンのブランド力で、良い人材も集まりやすくなります。



ラーメン店にとっての不安材料は、何と言っても『競合店との兼ね合い』ですね。

競合店との差別化も大切です。

開業までには、するべきことがたくさんあります。

フランチャイズチェーンに加盟することで、開業から実務にいたるまでのプロセスと、開業後の経営も、効率的に行なえます。



安定した経営のために、経営を学びましょう。

そして、フランチャイザーの『ブランド力』と『マーケティング力』をフル活用しましょう。
もっと知りたいなら→起業ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。